住宅

トイレつまりに対応するには原因を知ることが大切

安さで選ばない

空調

エアコンの取り付けや取り外しは専門の業者に頼んだほうが安い値段で工事をしてくれます。しかし、安さで業者を選んではいけません。ミスや追加料金で思わぬ費用がかかることもあるのです。

Read More

異物か故障か

お手洗い

トイレのトラブルで多いのがトイレつまりでしょう。自分が入ったあとにつまらせてしまうとかなり焦るでしょう。水が流れず溜まっていくと溢れ出ないか不安になります。もしかしたら水浸しにしてしまう危険性もるのです。トイレつまりが起きてしまったら、まずは慌てずに解消方法を探りましょう。トイレつまりと一言にいっても原因は様々です。例えば、子どもがおもちゃを流しまうこともあるでしょう。ポケットからスマホが落ちてつまりの原因になることもあります。他にも、おむつやナプキンを流してしまうことでトイレがつまる場合もあります。何が原因だったのか、何を流してしまったのかしっかり確認しましょう。大量のトイレットペーパーや排泄物が原因の場合は自分でトイレつまりを直すこともできるでしょう。そのときに役立つのがラバーカップです。ラバーカップを使う場合は便器の中にラバーカップがしっかり浸るくらい水を溜めましょう。排水口にラバーカップを押し当て一気に引くことでつまりの原因となっているものが動き流れるでしょう。数回繰り返すとほとんどの場合は解消できます。もしも、それで解消できないなら別の理由も考えられるので、修理会社に連絡しましょう。また、おもちゃやおむつ、ナプキンなどの本来流してはいけない異物が原因の場合はラバーカップでも対処できません。余計状況を悪くしてしまうこともあるので自分では対処せずに修理会社を呼んで取り除いてもらいましょう。異物じゃなく、トイレの排水管の故障という場合もあります。自分で対処できないトイレつまりは専門の業者に任せるのが一番です。

ガスの取り扱い

エアコン

エアコンは自分でも取り外しが行なえます。しかし、手順を間違えるとガス漏れや故障の原因になるでしょう。そうなるとエアコンの買い替えや余計な費用がかかります。それを防ぐためにも業者に頼みましょう。

Read More

間取りや床の空間

内観

中古マンションを購入するときはリフォームしやすいかどうかもしっかり考えましょう。間取りの変えやすい物件や天井や床に空間のある物件はリフォームに適しています。しかし、カビが発生しやすい物件だと余計な費用がかかることがあります。

Read More